元教員が教える、小学校の通知表の見方~バラしますあゆみのつけ方~【前】

投稿者: | 2017年9月27日

tuuchihyou

学期の終わりに子どもが持ち帰ってきますよね、通知表(通称:あゆみ)。

今回はこの通知表、

  • 担任はどのようにして評価をつけているのか、
  • それを踏まえ、保護者はどのように通知表を見れば良いのか

について、元教員(担任)の経験からまとめました。

 

◆そもそも通知表(あゆみ)とは? 目的は?

通知表とは、学期の終わりに子どもの成績や生活の記録を子ども本人と保護者に通知する書類です。

では、その目的は何でしょう。

もちろん、まず前述のとおり、子ども本人と保護者に成績や生活の記録を通知することです。

もう一つ大事な目的があります。

それは、子どものやる気を高めることです。

昔は、こんな目的ありませんでした。もし我が子が悪い成績とってきたら、「なんだこの成績は!」って親がぶん殴って、子どもは反省し、勉強に精を出す、みたいな感じでそんな必要なかったからです。

当然ながら今はそんなことやったら児童虐待で通報されるし、子どもはますますやる気をなくす時代です。

ですから、(良い悪いは別として)時代の変化によって、通知表の役割が変わったんですね。

 

◆内容は?

 具体的な内容としては、

  • 学習の記録
  • 生活の記録
  • 所見
  • 出欠席の記録

などです。細かくは自治体や学校によっても異なりますが、大体このような内容です。

学習の記録は、「数量や図形に関心をもち、意欲的に調べようとする」みたいな目標に対して、「よくできた(A)」「できた(B)」「もう少し(C)」の評価がつけられます。

生活の記録は、「元気の良いあいさつや正しい言葉づかいができる」みたいな目標に対し、同じように「よくできた(A)」「できた(B)」「もう少し(C)」の評価がつけられます。

所見は、担任の教員が数値だけ図り切れない、子どもの努力や活躍を100~200字程度の文章で記録したものです。

出欠席の記録は、出席数、欠席数の記録です。ちなみに、出席停止(感染症での欠席、忌引等)は欠席にはなりません。

 

◆評価の方法は?

「学習の記録」「生活の記録」この2つは、相対評価の時代もありましたが、上でも書いたとおり、現在は子どものやる気を高めるという目的がありますので、今は絶対評価です。

つまり、クラスの他の子どもの出来は関係なく、学習到達具合で評価がなされるのです。

ではその学習到達具合ですが、客観的な数字はあるのでしょうか。

あります。

学校や学年で決定しています。

例えば私が勤務いていた学校では、

  • A評価「よくできた」⇒90点以上
  • B評価「できた」⇒60点以上
  • C評価「もう少し」⇒60点未満

と決められていました。

ちなみに、小学校は3段階評価の学校が多いです。

 

◆実はめちゃくちゃ曖昧? 評価のつけ方

基準となる数値があるので、主要教科といわれる国・算・理・社は、ある程度客観的に評価を決定することができます。(「関心・意欲・態度」を除く)

学期中に行った単元テストの合計を計算して平均を出せば良いからです。

しかし、図工・音楽などの数字に置き換えることが難しい芸術系教科は主観が入る余地のある教科です。

だって、図工で子どもが描いた絵を見て、「材料などの特徴をもとに、豊かな発想をしたり、構成をしたする」みたいな基準に対して、これ90点、これ60点、って主観入りまくるに決まっています。

もちろん本来は授業で、このように出来たら90点ですよ、ここまでだったら60点ですよ、と子どもに明確に基準に提示したうえでやるべきなのですが、実際図工でそこまで出来ている先生、少数です。

ですから、芸術系教科の評価は主観が入りやすくなります。

同様に、数値化できない主要教科の関心・意欲・態度」についても、同じことがいえます。子どもの「やる気」は容易に数値化できないので、どうしても主観が入らざるを得ません。

そういうわけなので、芸術系教科や主要教科の「関心・意欲・態度」は、担任の主観が入りやすい評価だと思って見た方が良いといえます。

 

◆担任によって違う? 評価のつけ方?

結論から言うと担任によって違います。

先ほども書いたとおり、基準となる数字は同じものを使っています。

しかし、主観が入りやすいものもあるし、ボーダーの子の扱いは担任の裁量によるものになります。

例えば担任は、ボーダーの子のがいて、「この子の性格・能力だったら、ボーダーの上の評価を与えたらサボるな」とか、「逆にこの子は能力は低いのに努力をしていたとなれば、上の評価を与えることで、やる気を出させよう」などと考えます。

前述の通り、現在の通知表の目的ほ一つに子どものやる気を上げることがありますから、担任にこのような裁量が認められているのです。

でもそれは結局つまるところ担任の主観なので、担任によって評価のつけ方が変わってしまうのです。

また、そもそもの姿勢が担任によって異なる場合もあります。

例えば、年配の先生には昔の相対評価のクセがついているのか、厳しめの先生がいます。

あるいは、事なかれ主義の先生は、ばんばん「よくできた(A)」を出します。A評価でクレームいれてくる親、いないですからね。

というように教員によっても、評価のつけ方には差があります。

ですから、よく子どものやる気を上げさせるために、「よくできた」が○つ増えたらゲームを買ってあげる、みたいな約束をしている親が結構いますが、担任によって評価のつけ方に差があるのにね(哀)・・・と私は担任時代思っていました。

だから、通知表ごほうびはNGです!(他にも理由はありますが)

 

続きは、小学校の通知表の見方~バラしますあゆみのつけ方~【後】です。

 


スポンサーリンク

元教員が教える、小学校の通知表の見方~バラしますあゆみのつけ方~【前】」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 小学校の通知表の見方~バラしますあゆみのつけ方~【後】 – トウマコ.net

  2. ピンバック: 元教員が挙げる、サービス残業しなくては終わるわけのない5つの仕事 – トウマコブログ

  3. ピンバック: 元教員が教える、小学校の時間割が”あって無いようなもの”である5つの理由 – トウマコの教育ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です