意見(教育)」カテゴリーアーカイブ

元教員が挙げる、日本語未修得の外国籍児童・生徒の増加により、担任がより困難に陥っている3つの理由

日本語が話せない外国籍の児童・生徒が増えています。 文化庁の調査によると、日本国内の国公私立学校に在籍する外国人は、近年約8万人で推移しているが、公立学校で日本語指導を必要としている人数は2012年か… 続きを読む »

「問題解決型学習」はあくまでも学習法の一つであり、上から押し付けられるべきではないと元教員が考える3つの理由

問題(課題)解決型とは、学習者が自ら問題を発見し解決していく学習のことを指します。 小学校では、算数を中心に行われています。 端的にいうと、公式を覚えるのではなく、自ら公式を見つけ出す学習ということが… 続きを読む »

次期学習指導要領改定案「小学校英語教科化+前倒し」を受けて、元小学校教員の私が文科省のパブリック・コメントへ送った反対意見の3つの理由

14日、文部科学省より次期学習指導要領の改定案が示されました。 主なポイントは次の通りです。 学習指導要領改定案の骨子 ・小学5、6年の英語を教科化し3、4年に外国語活動を前倒し ・小学校のプログラミ… 続きを読む »